Out of Place

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

Violent, "OVERDRIVE" -Eternal Cannon (2004)

入試日程を全て終え、無事滑り止めは取れたのでとりあえず来春から大学生にはなれますが、発表が全て終わるまでの時間が未だ残っていますので、久しぶりにシーケンサを立ち上げてみました。朝早くに起きる習慣は相変わらず残っているものの、何せ何処に行くでもなく何の問題を解く訳でもないわけですから、想像以上に一日と言うのが長くて長くてたまらない訳です。まあ今のうちであるとはいえ、出来る事は沢山ありますことでしょうし、などと考えているうちに行き着いて今に至る。

http://www.projectabsolute.info/sounds/violent_080226.mp3

『Violent, "OVERDRIVE" -Eternal Cannon』です。2004年制作。当時はまだ高校の制服を着て毎日ホルンを吹いていた頃だったと思います。疲れ果てて家に帰って、残った僅かな時間をシーケンサとにらめっこして費やす生活。

拙い腕で、マシンのキャパ256MのRAMを遥かに越える容量の音源を読み込み、「止まる」「落ちる」「飛ぶ」のオンパレード。何と縁起の悪い…(苦笑
今思い返すと、早いもので彼是6年になるこのVALUESTAR君には相当頑張ってもらいましたし、未だに相当頑張ってもらっています。随分酷使してしまいましたね…

EDIROLのHQ-Orchestralと言う音源を使い始めて4年が過ぎましたが、ようやく使いこなせるようになった気がします。使いこなすと言うより、「身体に馴染む」
音源にはそれぞれ癖や特徴があって、そういう細かい性質を逐一把握して手足の様に変幻自在に用いると言うのは、やはり並大抵のことではありません。世の中には腕の立つ人が沢山居ますが、感覚的に使いこなせるレベルに至るまできっと相当な研究をされているんだろうと推測はします。そうして初めて、私達が聴いて「素晴らしい」と思う作品は生まれているんでしょうね。
スポンサーサイト

"To live is to journey, and to journey is to live."

 2006年7月、元日本代表のMF、中田英寿は引退に当たりこんな言葉を残しました。「人生とは旅であり、旅とは人生である」
 この一言はその後多くの人に知られることとなり、道徳の教科書に採用されるなど大きな話題を呼んだと言うのは知る人も多いでしょう。

 人間は長い年月を生きてゆく中で、様々に繰り返す苦楽を味わうのでしょう。苦があれば楽があり、永らく平坦に歩みを進める人間と言うのは殆ど居ないでしょう。ある時は雲ひとつ無い青空の下を颯爽と駆け抜け、またある時は激しい嵐に行く手を阻まれ、またある時は目の前に立ちはだかる巨壁に膝を突き屑折れる。それはさながら果てしない様々な山岳平野を進む「旅」―"Journey"―のように。

 1975年、少年時代から夢を見ていた冒険を成し遂げようと一念発起した19歳の青年が居ました。冒険家、永瀬忠志さんです。食料や飲み水、テントなど、あらゆる必要な物資をたった一台のリアカーに積み込み、日本縦断3200キロの旅はスタートしました。ここから永瀬さんの冒険人生は始まります。

 その後、豪州、アフリカ、韓国、南アメリカ等など、重量200キロあるリアカーを身一つで引いて世界中を歩く事30年。踏破した距離延べ43000キロメートル、およそ地球一周。大学生の青年は50歳となりましたが、それでもリヤカーマンの旅は終わりません。

 自宅に帰って食卓に着くと、偶々テレビが付いていました。南米、アタカマ砂漠をリヤカーを引いて果敢に歩き続ける永瀬さんの姿が映っていました。海抜0メートル、チリ、アントファガスタの町を出発し、灼熱のアタカマの砂漠を進む。砂漠を越えると間もなく広大なアタカマ塩湖が出迎える。乾燥した塩に風で巻き上げられた砂が吹き付けられ、剣山のように硬く尖った地表が行く手を阻む。所々に見受けられるオアシスの水は、飲んでみれば皆塩水。やっとの思いで塩湖を抜けると、目の前に立ちはだかるは壮大なアンデスの山脈。標高4000メートル、富士山より高い天空の世界をひたすら進むその行く手を、高山病が容赦なく襲う。吐き気と眩暈にうなされ朦朧とする中倒れこむ。現地の人々が授けてくれた薬草に助けられ、病苦を乗り切り再び歩みを進める。そして37日間の旅の末、遂にアルゼンチン、ヘネラルグエメスへ到達する…

 旅の最中、永瀬さんを数多くの自然の壮大な壁が待ち受けます。次々に立ちはだかる困難をまた一つ、また一つと越える度に、歓喜と安堵に涙を流し、そして再び歩みを始めます。誰の為でもなく、何の為でもなく、只ひたすら歩き続ける。ヘネラルグエメスへ到着し、ホテルの前で永瀬さんは最後にこんな事を語っていました。

 「何でこんな事をやっているんだろう。楽しくなんて無い、苦しい。辛い。でも終わってしまうと、その時間がいとおしい」

 「人生とは旅であり、旅とは人生である」
 この一言をこれ程愚直なまでに具現する人を、初めて目の当たりにしました。きっと冒険家とは、世界で最も人生を人生たるものとして歩んでいる人々なのでしょう。まだ見ぬ頂を目指して一歩を踏み出し、道なき道を進み、苦を突き抜け、歓喜に涙し、そして再び歩みだす。人の生きるとはかくなるものかと、今日ほど強く胸打たれた日は、未だ嘗て無かったかもしれません。或いは今この時だからこそ、深く心に響いたに違いないのでしょう。
Genre : 日記  日記
プロフィール

T.Shiraiwa

Author:T.Shiraiwa
Website : http://www.t-shiraiwa.net/

twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。