Out of Place

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

Blue moon

英語の慣用表現に「once in a blue moon」と言うのがあるそうですが、これは「極めて稀な」と言う意を示すそうです。
一年のうち一月で二度目に出る満月を「ブルームーン」と呼ぶそうですが、今日はこれが見られるとか。お察しの通り別に月が本当に蒼くなるわけではありませんが、この表現に由来して珍しい満月を指して後こう呼ぶように成ったんだとか。しかしまあ生憎の悪天候で月など拝める様子ではなさそうですね…

昔知人が書いて寄越した短編の小説に、親を亡くした小さな子供が、見ると願いが適うと言う満月の言い伝えを老人から聞くと言う話がありましたが、上を元手に仕上げた小品が2005年のそれである事は言わずもがなと言う所でしょうか。話を書いた本人は絶対知らないと思いますが。(笑
スポンサーサイト

20

目覚めると10時半、初めて授業を欠席しました。急激な気温変化が風邪での体調不良に拍車を掛けて行動不能になったためだと思われます。それくらい耐性が無い…

十代最初の年と言えば小学校4年生くらいだったでしょうか、あの頃何をしていたと聞かれると正直な所はっきりと答えられる自信はありませんが、年齢に対する意識って余り無かった気がします、当然と言えば当然ですかね、いろんな意味で。
中学高校と何ごとも無く(?)進学して過ごしてきましたが、なんだか全般的に十代と言うのは漫然と過ぎて来た気がしない事もありません。少なくともここ2年くらいの密の濃さに比べると、様々ですが物を考える事に関しては結構大した事をしていなかった気もします。真剣さの度合いみたいなもんですかね。

中学時代から極度の面倒臭がりで、勉強嫌いだったら相当自信のあるタイプでしたが、どれ位かと言うと高校受験のために1回も自宅で机に座った覚えが無い感じです。それで何とかなっちゃったから恐ろしいんですけどね…

そんな勢いで部活のために適当に高校に入り、部活だけを念頭に置いた生活をしていました(せざるを得ない)が、ましてや三役なんてやりようもんならそれはもう悲惨極まりない。入部して先輩に冗談交じりで最初に言われた一言が「ここに入るとまじで『馬鹿』になるよ!」でしたが、今振り替えると面白い言葉あそびかなあと思ったり。(笑)

大学進学は一応念頭に置いていた物の、どうせ入れる所でも適当に選んで入って置けば良いだろう程度に考えていた訳で、真面目に進学の事なんて考える訳も無く、「ああまああそこら辺位行けたら楽しいだろうな」が精々関の山。重い腰を上げてようやく受験「らしいもの」を始めた高3の夏、それまで経験もノウハウも無いのに急にエンジンなど掛けられる訳も無く敢え無く終了。それでも現役生と言うのは「あ~ここくらい多分受かるでしょう」と思ったりするから恐ろしい。(笑)

「成人式の年に浪人はねえよなあはっはっは」などと言って過ごして居た一浪目からまた一年、あれおかしいな俺今なにやってるんだろう状態ですが、今はもうそんな事すら気にならなくなりました。(笑)

今日も普通の一日が過ぎようとして居ます。二十代はどんな十年になるんだろうなぁ…

Endless Journey (Concert Edit.) (2007)

今でこそ制作で使わない事はほぼ無いと言い切って過言ではありませんが、HQ-ORと言う音源を丁度最初に手に入れた2003年、大元と成る作品を公開しました。
元々『神界大戦記』のワンカットの為に原案を仕立てた作品でしたが、当初よりRPGに登場する様な広大な世界を冒険するイメージをコンセプトとして居たので、キャッチーなメロディーと展開を意識した勇壮な作品を制作する事を目的としておりました。
今回は当初公開していたものを完全な管弦楽の編成で再構築し、完結した作品として単独で取り上げて仕上げたものです。

何か自分を奮い立たせる事が出来る様な作品を創りたいと言うコンセプトと丁度マッチした形になりました。頑張る人に捧げる一曲です。
プロフィール

T.Shiraiwa

Author:T.Shiraiwa
Website : http://www.t-shiraiwa.net/

twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。